モーリスが2000mの札幌記念に挑戦

モーリスが2000mの札幌記念に挑戦

夏競馬で頂点のレースといえる札幌記念が今週末に行われます。
過去には、ここから凱旋門賞へ挑戦した馬も多数存在したり、また秋の天皇賞へ直行して勝つ馬も出たりと何かと注目されるレースでもあります。

 

3歳馬のトップホースが古馬との力試しにはもってこいの負担重量でもあり、そしてGⅡの中でも最高の賞金額が示すようにとても高い評価がされるレースでもあります。

 

洋芝の分量が多いとされる札幌競馬場でもありややパワータイプが有利な感じもしますが、海外の競馬場に近い深い芝なので、ここでの好走はトップホースには重要だと私は考えています。

 

 

マイル王が中距離路線へ

 

今年の札幌記念の注目はモーリスに尽きると思います。
昨年は無敗でマイルGⅠを3勝した近年では久しぶりに海外と戦えるマイラーのモーリスがこの札幌記念で次なるステップの中距離克服のために挑戦することになりました。

 

香港でも成績を残しているようにややタイムのかかる芝でも問題ありません。
距離に関して言えば1800mは問題なさそうで、あとは脚質的に先行する競馬の一辺倒馬ではないので、騙せる距離だと私は思っています。

 

しかしそれもこのレベル相手でのことで、国内トップが集まる秋の天皇賞や香港Cのようなレースでの2000mは、ここで相当な競馬をしない限り難しいと思います。

 

ここまでの話は、あくまで個人的な考えであり全く問題なくこなせる可能性もあるかもしれません。
そういう意味でも必ずチェックしておきたいレースだと思います。

 

前走の安田記念で連勝が7でストップしたことにより、いろいろとチャレンジしやすい環境にはなったかもしれませんが、あれだけ結果を残してきたマイル路線での敗戦は競馬ファンには少しショックでしたよね。

 

もう一つ注目されるのが、騎乗する騎手です。
これまでGⅠ4勝をしていますが、川田騎手、ムーア騎手、モレイラ騎手とGⅠ馬とは思えないほどジョッキーが代わっています。

 

前走も初騎乗のT・ベリー騎手が騎乗して敗れています。
今回の札幌記念では、香港でGⅠ勝利に導いたモレイラ騎手が騎乗するようです。
これで上手く結果を残せば主戦として今後も乗ってくれる可能性もありますが、香港のリーディングジョッキーでもある彼を日本のレースに短期で連れてくるのも難しいかもしれません。

 

しかし今回のレースに関しては安心できるジョッキーを確保できたのは、2000m挑戦のモーリスにはプラスになると思います。

 

ライバルになるほどの強力な馬は出走してこないので、距離と己の気性との戦いになりそうです。

関連ページ

豪華メンバー集結の大阪杯の結果
気になる競馬の情報や独自の考えを勝手に載せる占い部屋予想
3.26ドバイワールドカップデー2016の日本馬とライバル紹介
気になる競馬の情報や独自の考えを勝手に載せる競馬情報
どの馬強いのか?評価が難しい3歳牡馬戦線 気になる馬を紹介
2016年大混戦の3歳牡馬ランキングを発表占い部屋の独自ランキングです。